ブログ

矯正治療後の大切な保定期間とは?リテーナーのポイントも解説

インビザラインだけでなく、ワイヤー矯正などの歯列矯正は、歯を動かす「動的矯正期間」を経過した直後は歯が安定しておらず、そのままの状態だと後戻りをしてしまう可能性があります。

せっかく整った歯並びを維持するために、大切な期間が「保定期間」です。

保定期間にしっかり歯が安定することで、きれいな歯並びを維持することができます。

そこで今回は、インビザライン治療後の大切な保定期間について詳しくご紹介します。

保定期間とは?

矯正装置を外したばかりの時期は、歯が顎の骨にしっかりなじんでいないため、歯並びが元に戻りやすくなっています

そのため、きれいになった歯並びをしっかり固定して、維持するための期間が「保定期間」です。

歯の周りの組織は、3~4ヶ月程度は再編成をしているため、この時期は特に後戻りがしやすい期間です。

保定期間中に使用するリテーナーとは?

矯正後に歯が動くのを防止するために、「リテーナー」を装着します。

リテーナーには数種類ありますが、取り外し式の物と固定式のリテーナーがあります。

リテーナーの種類

  • ホーレータイプ、ベッグタイプのリテーナー(取り外し式)
ホーレータイプ、ベッグタイプのリテーナー

取り外しができるタイプで、歯の部分にワイヤーがついており、内側がプレートになっているタイプです。

ブラケット装置に比べると目立ちませんが、歯の中央にワイヤーがくるので、口を開くとワイヤーが見える場合があります。

ワイヤーでしっかり固定ができるため、全体的な歯並びの固定をすることが可能です。

大きく歯を動かす必要がある、抜歯を伴う矯正に使用されることが多いリテーナーです。

  • マウスピースタイプのリテーナー(取り外し式)
マウスピースタイプのリテーナー インビザラインビベラ

透明のマウスピースを使用するため、見た目がほとんど分かりにくいリテーナーです。

そのため、日中の使用でも気になりにくい特徴があります。

ただし、マウスピースの分の厚みがあるため、噛み合わせの細かい調整は難しくなります。

また、マウスピースタイプは薄い素材を使用しているため、装着感はよいですが、強い力がかかった場合に破損してしまう可能性があるため、取り扱いに注意が必要です。

  • フィックスタイプのリテーナー(固定式)
フィックスタイプのリテーナー

前歯に固定するタイプのリテーナーで、ワイヤーを固定します。

歯の裏側に直接接着するので、取り外しはできませんが、自己管理をする必要はありません。

このタイプは長期間使用することが多くなります。

ただし、取り外しができないため、汚れが残りやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

インビザラインの患者さまはマウスピースに慣れているため、マウスピース型のリテーナーを使用することが多くなります。

患者さまのお口の状況や矯正する前に歯並びにもよりますが、一般的には、1年程度終日「リテーナー」を使用していただき、歯並びが安定してきたら夜間の就寝中の装着に移行します。

リテーナー装着のポイント

保定装置とケース

紛失防止のためにリテーナーケースに入れる

インビザラインをしていた方なら、マウスピースの取り扱いに慣れていると思いますが、ワイヤー矯正をしていた方は取り外し式の装置に慣れていません。(取り外し式の場合)

取り外した時にティッシュにくるんで置いておくなどすると、誤って捨ててしまう可能性があります。

必ずリテーナーケースに入れて保管するなど、管理しましょう。

  • リテーナーのケア

お口の中に長時間入れるものなので、取り外した時は水洗しましょう。

また、リテーナーの洗浄剤もありますので、1週間に1度など定期的に洗浄するようにしてください。

また、取り外し式のリテーナーは熱に弱い物が多く、熱湯で消毒すると、変形してしまう可能性がありますので、熱湯で消毒するのは控えましょう

歯磨き粉も研磨剤がいるので、細かい傷になる可能性があります。

細かい傷になると、その部分に汚れが着きやすくなってしまうため、歯磨き粉で磨かないようにしましょう

  • 定期的なチェック

歯並びの状態がきちんと保てているか確認するために、定期的なチェックが必要です。

保定期間の初期のころは少し短めの期間で通院していただくことが多くなりますが、3~6ヶ月に1度、お口の状態を確認させていただき、歯並びが維持できているか確認します。

また、お口の清掃状況も合わせて確認いたしますので、クリーニングをして汚れがついている部分はきれいにします。

歯並びがきれいに整っているか、汚れがついていないか、むし歯や歯周病などになっていなかなど確認ができるため、お口の健康を維持することにつながります。

【まとめ】

保定期間は、矯正できれいになった歯並びを維持する大切な期間です。

歯の動きはありませんが、この期間にきちんとリテーナーを使用することで、整った歯並びを維持することにつながります。

リテーナーは取り外し式の物が多く、ワイヤー矯正ほど見た目が分かりにくく、リテーナーを装着している期間は、患者さまのご協力も必要です。

矯正でキレイになった歯並びを維持するために、保定期間を頑張りましょう。

インビザラインの詳しい内容はこちら


当院はJR大阪駅北口から直結、グランフロント大阪南館4階にございます、関西は大阪梅田、岸和田市、京都市、和歌山市に分院があります。

当院のマウスピース矯正の症例数は年間900症例以上(※)あり、ブルーダイアモンドプロバイダーを受賞しております。関西でインビザライン矯正をお探しの方は一度無料相談(相談検査費無料)にお越しください。

※2022年度グループ全体のマウスピース矯正症例数


治療内容
カスタムメイドで制作されたマウスピースを定期的に交換しながら少しずつ歯に適切な力をかけて歯並びを整えていく矯正治療です。
標準的な費用(自費)
矯正治療費、相談・検査・診断料 無料、調整料 無料
インビザライン(マウスピース治療)
198,000円〜855,800円(税込)
治療期間及び回数
症状によりますが、一般的に2年前後の治療期間となります。
通院回数は、治療段階によりますが、通常2〜3ヶ月に1回です。
副作用・リスク
装着時間が少ないと治療期間が長引く可能性があります。
他の矯正治療法と同様に、疼痛・歯根吸収・歯肉退縮の可能性や適切な保定をしないと治療後に後戻りすることがあります。
医薬品医療機器等法(薬機法)に関する記載事項
・インビザライン完成物は、日本国内において薬機法未承認の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
尚、インビザラインの材料自体は、日本の薬事認証を得ています。
・「インビザライン」は米国アライン・テクノロジー社の製品の商標であり、インビザリアン・ジャパン社から入手しています。
・日本国内においては、同様の医療機器が薬事認証を得ています。
・インビザライン・システムは、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに900万人を超える患者さまが治療を受けています。(2020年10月時点)

ホワイトエッセンス梅田大阪矯正歯科グランフロント南館4F よくある質問
診療時間のご案内
月火水木金土日祝11:00〜14:00
15:00〜20:00
※最終受付19:15
休診日

第一水曜日、第一木曜日
第二水曜日、第二日曜日
第三木曜日

大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪南館4階
JR大阪駅直結 徒歩約1分 /
地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩約2分