ブログ

インビザラインの成功に繋がるIPRとは?痛い?

矯正治療を行う時に、歯と歯の間を少し削ることがあります。
削ると言っても、やすりをかける程度なので、痛みはありません。
「歯を削っても大丈夫?」
「なぜ歯を削るの?」
と疑問がある方もいるのではないでしょうか?
矯正治療を開始する前に、気になったことは解決して起きましょう。
そこで今回は、「IPR」について詳しくご紹介します。

【IPRとは】

IPRする部分のイラスト

歯並びが悪い方は歯が生えて来るスペースが足りずに歯並びがガタガタになっていることも少なくありません。
そのため、矯正で理想的な歯並びに並べようとすると、歯を並べるスペースが足りない場合があります。

IPRとは(Interproximal Enamel Reduction)と言って、歯と歯の隙間の表面のエナメル質を約0.1〜0.25ミリ程度少し削って、歯が動く場所を確保したり、歯の大きさや形を整えます。
そのため、IPRを行っても「痛み」「知覚過敏」はありませんのでご安心ください。

【IPRの効果】

・歯を並べるスペースをつくる

IPRの主な目的は、歯を移動するための場所をつくるためです。
不正な歯並びは、歯列に収まり切れずにガタガタしていることも少なくありません。
矯正治療を行う際には、歯を並べるためのスペースが必要になります。
大幅に歯並びを動かす必要がある場合は「抜歯」をしてスペースを確保します。
ただ、スペースを作るために、健康な歯を抜くことに抵抗がある方もいらっしゃいます。

そこで、IPRを行うと、抜歯をせずに矯正治療ができます。
IPRで対応できる場合の大きなメリットは、抜歯をせずに歯をきれいに整えられることです。

・歯と歯ぐきのすき間の改善が期待できる

歯と歯の間のブラックトライアングル

加齢で歯ぐきが下がってしまう・矯正で歯を動かしたことで歯ぐきと歯の間にすき間ができることがあります。
このすき間を「ブラックトライアングル」と呼びますが、歯が伸びたように見えるなど審美的によくありません。
ただ、IPRを行ってから、歯を移動させるとこのブラックトライアングルの改善が期待できます。

・歯の大きさや形を整える

きれいな歯並び

一人一人に個性があるように、歯の形や大きさもさまざまです。
せっかく歯並びが整っても、「1本だけ歯が長い」「1番前の前歯が大きい」などの場合にはきれいな口元にはなりません。

お口の状況に応じて、美しいバランスに見える形や大きさがあり、矯正ではかみ合わせなどの機能的な面はもちろん、口周りの美しさも検討した上で歯並びを整えていきます。

【IPRは必ず行うの?】

患者さまのお口に応じてIPRは行いますが、必要のない方もいます。
たとえば、すきっ歯のすき間を改善したい場合には、そのすき間を利用して歯を動かすので行いません。
また、軽度な不正で前歯が1本ねじれているなどの場合にはスペースを作らずに矯正ができる場合もあります。

ただし、矯正治療が必要な方はスペースが足りない方がほとんどなので、多くの方が「IPR」か「抜歯」をしてスペースを確保してから治療をスタートしています。

【IPRはいつ行うの?】

IPRは治療を開始する前にスペースを確保する目的で行うこともありますが、矯正治療の審美性を向上させるために、大部分の歯並びが整った終盤に行うこともあります。
インビザラインは3次元的な画像を用いて、シミュレーションをしてからIPRを行いますので、歯を多く削る心配はありません。

治療の終盤に行う場合には、歯と歯の間にブラックトライアングルができた際に行います。
最初の治療計画ではない場合でも、必要に応じて仕上がりを整えるためにIPRをすることもあります。

【IPRを行った時の注意点】

・セルフケアが大切

セルフケアグッズ

歯を動かし始めたころは、歯と歯の間にすき間があいているので、その部分に汚れが着きやすくなります。
また、歯みがきをする際には一時的にその部分に汚れがつきやすくなるので、丁寧なブラッシングが必要です。
今までのケア方法と少し変わりますので、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシも併用して丁寧に汚れを落としましょう。

【インビザラインの成功のためにIPRは大切な処置】

2人がけのいすに3人座っている様な歯のイラスト

歯を並べるスペースがない状態で歯を並べようとすると、2人がけのいすに3人座っている様な状態になります。
IPRは麻酔をせずの処置するので痛みもありませんし、抜歯をする必要もありません。

【まとめ】

歯並びを整える上でIPRは大切なステップです。
また、カウンセリングや治療計画の際に不安や疑問は解決して納得してもらってから治療をスタートしておりますのでご安心ください。
IPRだけでなく、矯正のことで気になることがありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

当院はJR大阪駅北口から直結、グランフロント大阪南館4階にございます、関西は大阪梅田、岸和田市、京都市、和歌山市に分院があります。

当院のマウスピース矯正の症例数は年間900症例以上(※)あり、ブルーダイアモンドプロバイダーを受賞しております。関西でインビザライン矯正をお探しの方は一度無料相談(相談検査費無料)にお越しください。

※2022年度グループ全体のマウスピース矯正症例数


治療内容
カスタムメイドで制作されたマウスピースを定期的に交換しながら少しずつ歯に適切な力をかけて歯並びを整えていく矯正治療です。
標準的な費用(自費)
矯正治療費、相談・検査・診断料 無料、調整料 無料
インビザライン(マウスピース治療)
547,800円〜822,800円(税込)
治療期間及び回数
症状によりますが、一般的に2年前後の治療期間となります。
通院回数は、治療段階によりますが、通常2〜3ヶ月に1回です。
副作用・リスク
装着時間が少ないと治療期間が長引く可能性があります。
他の矯正治療法と同様に、疼痛・歯根吸収・歯肉退縮の可能性や適切な保定をしないと治療後に後戻りすることがあります。
医薬品医療機器等法(薬機法)に関する記載事項
・インビザライン完成物は、日本国内において薬機法未承認の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
尚、インビザラインの材料自体は、日本の薬事認証を得ています。
・「インビザライン」は米国アライン・テクノロジー社の製品の商標であり、インビザリアン・ジャパン社から入手しています。
・日本国内においては、同様の医療機器が薬事認証を得ています。
・インビザライン・システムは、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに900万人を超える患者さまが治療を受けています。(2020年10月時点)

ホワイトエッセンス梅田大阪矯正歯科グランフロント南館4F よくある質問
診療時間のご案内
月火水木金土日祝 11:00〜14:00
15:00〜20:00
※最終受付19:15
休診日

第一水曜日、第一木曜日
第二水曜日、第二日曜日
第三木曜日

大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪南館4階
JR大阪駅直結 徒歩約1分 /
地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩約2分